お葬式のお通夜の時に駆けつける服装は

お葬式で迷ってしまいがちなこととして、服装に関することがあります。突然の訃報を受けて、急ぎ駆け付けなければならないといったときに、取るものも取らずに駆けつけるといったことは出てきます。しかし、普段から一通りの用意をしておけば、失敗するようなことはありません。

通夜ということであれば、平服でも構わない場合があります。ただ、黒のネクタイや靴下だけでも用意できれば、マナーとしては間違いないでしょう。営業職などでは、鞄の中にワンセット用意しておくこともマナーとして重要です。ネクタイピンは外しておかなければいけません。カフスは例外とされており、黒が主体のものであれば問題ないとされています。女性はあまり派手な姿にならないようにする必要があります。スーツが基本となってきますが、靴やストッキングは黒か肌色が基本です。アクセサリーは光物を外すことが重要になってきますので、急ぎの時でも気をつける必要があります。例外になってくるのがパールです。これだけは問題がないとされています。

実際に急ぎの時になってしまうことから、地味な服装であれば喪服である必要はありません。もちろん遺族側はそうはいきませんが、駆け付けなければいけないときには、哀悼の意を表することが優先事項となってくるでしょう。これは、本来喪服が遺族と近親者のものであり、参列者のものではなかったからです。喪章に関しても同様ですので、本当に間に合わないようなときは、平服でも構わないということになります。

実際に完全に喪服にして急ぎ駆け付けるというのは、不幸を予測していたと捉えられることがあります。通夜という場では嫌がられることが出てくるのも理解しておかなければいけません。ただし、お通夜だけ出席させてもらうといった場合には、喪服に着替えて出席するというのがマナーであり礼儀になってくるといえます。それでも、こうしなければいけないといった決まりがあるわけではありません。お葬式というTPOを考え、場に合わせられるような服装であれば、問題がないと考えられるでしょう。